スポンサーリンク
スポンサーリンク

風水と色の意味「橙(オレンジ色)」

風水と色の意味「橙(オレンジ色)

今回は、風水と色の意味「橙(オレンジ色)」について
、書き綴りたいと思います。

スポンサーリンク



風水と橙(オレンジ)

橙(オレンジ)の持つ力

橙色(オレンジ色)は、その名の通り、果物のオレンジ
の色で、赤色のような情熱的で派手な印象はなく、
また黄色のように明るすぎる印象もないことから、程
よい明るさと控えめな目な色合いから敵を作らない、
良好な人間関係を作り、人気運、対人運、恋愛運を
アップさせてくれる色です。

陽気で楽しく、社交的、積極的な印象を与えてくれる
色でもあります。

当然ですが、人の気持ちを明るくさせてくれるので、
人間関係も円滑にしてくれる効果があると言われて
います。

風水橙色

風水橙色

風水と橙(オレンジ)

橙色(オレンジ色)は、五行の内「火」の気と「木」の
気の中間に属していますが、方角で言うと、「南」に
あたります。

そのため橙(オレンジ)色のものを南の方向に置くと
良いのですが、橙(オレンジ)色の家具少ないので、
クッションや雑貨等が良いかもしれません。

「火」と「木」の気の中間なので、特殊であいまいな
気を持つ色が橙(オレンジ)色です。

人気運、家庭運、恋愛運、子宝、人間関係改善

今回は、この辺で失礼いたします。

風水と色の意味「橙(オレンジ色)」についての、
ご購読ありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク