スポンサーリンク
スポンサーリンク

風水と色の意味「紫」

風水と色の意味「

今回は、風水と色の意味「紫」について、書き綴り
たいと思います。

スポンサーリンク



風水と紫色

紫色の持つ力

紫色は、数ある色の中で好みのはっきり分かれる色の
ようです。

高貴、気高い、高級といったイメージの強い色で、
感性と閃きを表す神秘的な色です。

さらに、紫色は芸術家がアトリエで使用することが
あるように、想像力を豊かにし、直感的な表現力や
閃きに加え癒しの効果もあるようです。

風水的には、個性的、気品、思慮深さ、神秘的と
言った意味合いを持っています。

古来より紫色は高貴な色だったため、紫色を身に
つけることで尊敬や畏怖の念が生まれると言われて
います。

お悩みがある方は紫色を取り入れることをおすすめ
します。

そうすることによって自然と理想的な振る舞いが
できるようになるでしょう。

風水紫色

風水紫色

風水と紫

紫色は、五行の内「火」の気の力を表し、方角で言う
と、「南」にあたります。

火の気を持つ方角「南」は美や知を象徴する方角なり
、良い方向に働くことで情熱的、社交性や評判等が
良くなるが、悪く働くとストレスの増加、別れ、感情
過多等があらわれます。

紫は、赤とは違い洗練された印象や運気をもちあわせ
、エレガントや気品、知性、芸術的な印象を持つ色
です。

赤は感性に訴えかけますが、紫は感性を研ぎ澄ます
効果が期待できます。

全体運、名誉運、神秘的な魅力、気品

今回は、この辺で失礼いたします。

風水と色の意味「紫」についての、ご購読
ありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク