スポンサーリンク
スポンサーリンク

風水と色の意味「銀」

風水と色の意味「銀」

今回は、風水と色の意味「銀」について、書き綴り
たいと思います。

スポンサーリンク



風水と銀色

銀色の持つ力

銀色は、才能や表現力等を開花させる働きを持つと
ともに、気持ちを落ち着かせたり、整える力を持って
いるので、金色と違い控えめな色と言えます。

あなたの中に眠っている才能や表現力といった、内に
秘められたパワーを開花させてくれる効果を持って
います。

そのため、仕事面でも良い影響を与えたり、自己実現
の手助けやあなた自身を成長させてくれる効果、
さらには気持ちを落ち着かせくれる作用を持ち
合わせています。

風水銀色

風水銀色

風水と銀

銀色は、五行の内「金」の気の力を表し、方角で言う
と、主人の方位である「北西」にあたります。

銀色は、金の気を持つので、金色と組み合わせる
ことで、双方のバランスが整い、「金運」を強く向上
させ、より金運アップにつながると言われています。

銀色は控えめでいて、才能を開花してくれる色なので
、ビジネスにおいても控えめで目立たないながらも
存在をアピールできる効果が期待出来るとされて
います。

金運、ステイタス運、社会運、才能開花、自己実現、
不動産運、家庭運、子宝運

今回は、この辺で失礼いたします。

風水と色の意味「銀」についての、ご購読
ありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク