スポンサーリンク
スポンサーリンク

陰陽五行説とは、

陰陽五行説とは、

今回は、陰陽五行説について、書き綴りたいと思い
ます。

スポンサーリンク



風水の基本「陰陽五行説」

陰陽五行説

風水の基本は、「陰陽五行説」にあります。

古代中国では、自然界のありとあらゆるものを
陰(いん)と陽(よう)に分けて考えていました。

例えば、奇数が陽で偶数が陰、表が陽で裏が陰、太陽
は陽で月は陰等のようになります。

このような思想は、陰陽思想と言われ、この陰陽思想
がやがて「木・火・土・金・水」の五行と結びつく事
になり「陰陽五行説」と言われるようになります。

「陰陽五行説」とは、自然界のありとあらゆるものは

木(もく)
火(か)
土(ど)
金(ごん)
水(すい)

の五行に分類され、「陰」「陽」いずれかの性質を
持つという考え方です。

「木」は木を連想させるので木製のもの
「火」は化学繊維やプラスティック製品
「土」は土のイメージから陶器
「金」は土の中(地下)に光り煇く鉱物や金属
「水」は水そのものか冬ならば氷

「陰と陽」は、女性(陰)と男性(陽)や明と暗、
新と旧のように相対する性質を持ちながら、お互いを
支え合っている存在といえます。

自然界のありとあらゆるものを陰と陽に分ける考え方
は、陰無しでは陽は成り立たず、陽無しでは陰は存在
しえない事になり、このバランスこそが、「陰と陽」
の調和を保つ事になります。

風水陰陽五行説

風水陰陽五行説

五行の相性(そうじょう)

「五行」(木・火・土・金・水)の性質の違いから
お互いに良い影響を与えるものが、
「相生(そうじょう)」
の関係で、お互いの相性の良さを生かし助け合い
ながら運気を強めていく関係にあります。

具体的には、

「木」が燃えると「火」が生じる
(木を擦り合わせる事により火が生じる)

「火」が燃えて「土」を生む
(火は灰となって土にかえる)

「土(大地)」から「金」が生まれる
(土(大地)は有機物から、やがて金属を生みだす)

「金」が冷えると「水」が生じる
(金属は空気を冷やすことで表面に水滴が生じる)

「水」は「木(植物)」を育む
(水は木(植物)を育てる)

五行の相剋(そうこく)

逆に、悪い影響を与えられるもの又は与えるものを
共に
「相剋(そうこく)」
の関係と呼び、お互いが対立し合って運気を低下
させる関係にあります。

「木」は根によって「土」を押しのける
「土」は「水」を汚す
「水」は「火」を消す
「火」は「金」を溶かす
「金」は「木」を切り倒す

風水を実践していくための基本は、
「相生(そうじょう)」
の関係を上手に使い、
「相剋(そうこく)」
となるような関係を避けることで、良い運気を呼び
込むことです。

今回は、この辺で失礼いたします。

陰陽五行説についての、ご購読
ありがとうございました。

もしよろしければ、ポチッ通していただけると
幸いです。


風水ランキング

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク