スポンサーリンク
スポンサーリンク

風水雑学、塩をお守りとして持ち歩く

風水雑学、塩をお守りとして持ち歩く

今回は、風水雑学、塩をお守りとして持ち歩く
について、書き綴りたいと思います。

スポンサーリンク



お守りとして持ち歩く塩

世の中、塩をお守りとして持ち歩く人が増えている
らしい。

厄除けや魔除けとして塩が使われていることは、
あなたもご存じのはず。

そんな、どの家庭にも必ずあるくらい身近な塩を、
お守りとして持ち歩くだけで幸せになれたら試して
みたいと思いませんか。

そんなお守りとして持ち歩く塩について書き綴って
いきたいと思います。

お守りとしての塩効果

塩が使われる場面

食用以外で塩が使われる場面と言えば、相撲で力士が
土俵に塩をまく場面が思い浮かぶ方も多いはず。

神事を発祥とする相撲と言うのは、五穀豊穣や豊漁を
占う祭りごとから始まったと言われています。

土俵に塩をまくのは、神宿る神聖な土俵の邪気を
はらい、安全を祈るためのものです。

相撲で使われる塩の事を
「力塩」「波の花」「清めの塩」とも言います。
塩をまく事が出来るのは、十両からだそうです。

また、私たちの生活の中で言うとお葬式の後に自宅へ
入る前にするお清めの塩があります。

これは、古来の日本では神道信者の方が多く、神道
では「死」を穢れ(けがれ)たものと考え、それを
清める手段として使われるようになったそうです。

そのほか、よく見かけるのが飲食店やお店、一般の
お宅でも玄関先や家の中に盛り塩をしている光景。

これは昔から主に縁起担ぎ、厄除け、魔除けの意味に
使われていたようです。

このように、塩が昔から私たちの生活の一部として
身近に使われているのは、それだけ様々な効果が期待
出来るということにほかなりません。

広大な海からとれる自然の塩は古来より邪気をはらい
、縁起担ぎ、厄除け、魔除け等幸運を呼ぶものとして
利用され続けてきたのです。

風水雑学塩

風水雑学塩

塩の種類

一言に塩と言っても種類がいくつかあります。
塩の種類の違いには作り方の違いと摂取できる場所の
違いからくるものがあります。

製造方法の違いによるもの
精製塩

海水を電気分解してナトリウムイオンを抽出し濃い
塩水をつくり、煮詰めることにより科学的に精製
された塩で「食塩」または「食卓塩」と呼ばれ販売
されている。

再製加工塩

輸入した高純度の原塩もしくは精製塩にミネラル分や
にがりを付加したもの。

天然塩

塩田を用いて海水を天日で乾燥するなど、昔ながらの
製法によって濃縮しつくられたもの。

採取場所の違いによるもの
海水塩

海の水から採取した塩である。
製塩方法は、海水を釜で煮詰める方法(せんごう塩)、
電気分解する方法(精製塩)、天日で水分を飛ばす方法
(天日塩)などがある。

岩塩

もともと海であった土地に見られる、海水の塩分が
結晶化した地層の岩塩層からとれるもの。

湖塩

塩湖と呼ばれる塩水の湖で採取、製塩される塩で、
カスピ海やバルハシ湖、死海などでとれる塩。

お守りとして持ち歩く塩

お守りとして持ち歩く効果の高い塩

お守りとして持ち歩く塩は、海のパワーがそのまま
含まれる天然塩かあら塩がおススメです。

お守りとして持ち歩く塩の入れ物

ビニール袋などの化学製品は使用せず、塩がこぼれ
落ちないようように和紙や封筒などをに二重にして
持ち歩くと効果的です。

お守りとして持ち歩く塩の交換時期

これはあなたの考え方ひとつだと思います。

一週間程度で換えたいと思えばそれでも良いし、
一般的なお守りと同じように考えて半年から一年程度
で交換する考え方もあるようです。

また、塩が湿ったり固まったりした時やあなた自身に
良くないことが続いた時などに塩の邪気をはらい、
縁起担ぎ、厄除け、魔除け等の意味も込めて交換する
のも良いことだと思います。

お守りとして持ち歩く塩の塩の処分方法

特に決まりはありませんが、感謝の気持ちを忘れずに
水道で水に流すか、きれいな川に流すというのが
一般的に行われているようです。

ただし、処分する塩を食べたり、食事に使用する
ことは絶対にやってはいけません。

悪い気を吸ってくれた塩を食べるのはもってのほか
です。

今回は、この辺で失礼いたします。

風水雑学、塩をお守りとして持ち歩くについての、
ご購読ありがとうございました。

もしよろしければ、ポチッと押していただけると
幸いです。


風水ランキング

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク